屋根・外壁の錆止め塗料も高機能化している!?

【たくさんの種類がある屋根の錆止め塗料】

ひとくちに錆止め塗料と言ってもその種類は多岐にわたり、油性系、アルキド樹脂系、フェノール系、エポキシ系、ウレタン系など、代表的なものだけでもこれだけの数があります。

たとえば一般住宅の塗り替えなどでは下地用塗料としてエポキシ系の錆止め材がもっとも多く使用されています。

しかし必ずしもそれがベストだとは限りません。

錆の発生がごく初期の軽いものなら問題はありませんが、腐食の程度が激しく、広範囲に深く錆が及んでいる場合には、塗布後1年を過ぎたあたりから塗膜の表面に錆の初期症状があらわれてしまいます。

錆止め塗料を補修時に選ぶときは下地素材の種類や素地の状態に合わせて個々の錆止め塗料の性格・特徴を知り、最適な製品を選ぶ必要があります。

【屋根や外壁を塗り替える主目的は錆止め塗装にあり】

屋根の錆止め塗料は、屋根自体の品質や性能を維持させるための保護膜のような役割をしたり、美観を保ち塗料の性能・機能を正常に保ちつつ、最終的には屋根の耐久年数・寿命を長持ちさせることにもつながる大切なものです。

言ってしまえば特別な機能を与えられた塗料であり、中塗り・上塗りと塗り重ねていく工程の基礎を支える役割を担っています。

錆止め塗料のメーカーは日本ペイントや関西ペイントをはじめ多くのメーカーが製品を販売していますが、どのメーカーの錆止め塗料であっても、塗膜の保護に重点を置いてつくられていることに大きな違いはありません。

住宅における屋根や外壁の塗り替えは、だいたいにおいて10年が目安とされていますが、その主目的は上塗りの塗装にあるのではなく、下地処理・下塗り、錆止め塗料の塗り替えにあるといっても過言ではないでしょう。

下地処理がきちんと行えて、錆止め塗料を隅々にまで塗り残しなく塗布できれば、屋根や外壁を塗り替える目的は達成したのも同然なのです。

とくに金属系の屋根・トタン屋根の場合は、屋根材表面のコーティングや塗料が劣化したり、剥奪したりすると間を置かずして腐食がはじまります。

金属系の屋根は、最近ではかなり耐蝕性に強い屋根材が開発されたとはいえ、瓦屋根やコンクリート系の屋根にくらべると、錆に対する不安感は大きなものがあると言わざるを得ません。

外壁塗装業者をお探しの方には・・・
いくつかの外壁塗装業者の中から、自分にあったところを紹介してくれる「外壁塗装の窓口」がオススメ。

外壁塗装優良店へ価格相場の一括見積 – 外壁塗装の窓口


【高機能化する屋根・外壁の錆止め材】

錆止め塗料は、ここ数年のあいだに著しい品質・性能の向上がはかられたといいます。

その理由は、住まいの品質や性能に直接関わり、消費者からの厳しい評価につながってしまうからです。

それだけではありません。

工期の短縮にどこまで寄与できるか、塗装される素地の状態をどこまで良好に保てるかなど、錆止め塗料が追わされるチェックポイントは年々厳しくなっています。

住宅産業は冬の時代とも言われ、着工件数が伸び悩んでいます。

たとえば錆止め塗料の防錆効果や乾燥性が良くなるなどして作業性のアップにつながれば、短い期間で工事を終えられるため、建設コストはそれだけ安くなります。

それが消費者に価格の上で還元されるわけですから、住宅メーカーとしては競争力がつくことになります。

たかが錆止め塗料と思われるかも知れませんが、錆止め効果1つのわずかな改良でも、大きなシナジー効果を生み出すことは、業界関係者なら誰もが知っていることです。

多様化する建築現場の事情や一般消費者のニーズに対応するために、凌ぎを削っているのが錆止め塗料であり、塗料のメーカー各社であると言えるでしょう。