屋根・外壁の表面温度を劇的に下げる遮断塗料。

【遮熱塗料の効果はマイナス20℃】

夏の暑い時期になると直射日光が屋根や外壁に降り注いで、表面温度が急激に上昇していきます。

建物だけではなく道路や公共のインフラ設備もすべてが高温によって温度が高まってしまいます。

都市部のこうした現象をヒートアイランド現象などといわれてきましたが、こうした現象に効果を発揮するのが「遮熱塗料」と呼ばれるものです。

この遮熱塗料は屋根用に開発されたわけではないので、屋根はもちろん外壁の表面にも塗布することができます。

遮熱塗料を塗布するだけで表面の温度を最大でマイナス20℃も低減することができるのだそうです。

当然ですが住まいの外壁温度が下がれば住戸内の温度上昇も抑えられるわけで、夏場のもっとも電力需要が高いときでもクーラーの温度をこれまでよりも緩く調整できたり止めたりして、電気代の節約につながるという循環が生まれます。

これまで断熱塗装という言葉や製品を聞いたことがある人でも、「遮熱塗料というのははじめて」という方が多いのではないでしょうか。

【“近赤外線領域”の光線だけをシャッタアウト】

遮熱塗料は正式には「高日射反射率塗料」とも呼ばれています。

太陽光の熱のうち“近赤外線領域”という一定枠の光線だけをシャッタアウトすることで、塗膜や建物に溜まった表面温度の上昇を抑えることができる賢い塗料です。

ところで屋根や外壁に当たる遮熱をカットできるということは、屋根面や壁面の劣化、塗膜の劣化防止にも強い効力を発揮するのではないでしょうか。

この遮熱塗料は、最近になってそうした耐久性もあることがわかり注目が集めているそうそうです。

【遮熱塗料の働きは、遮熱に留まらず耐久性も】

太陽光には私たちもよく耳にする「紫外線領域」と、目で確認することができる「可視光線領域」、それに「赤外線領域」の3通りの波長領域があるそうです。

このうち、塗膜の劣化にいちばん悪影響を及ぼすのが“紫外線領域にある紫外線”といわれています。

可視光線というのは、人間が色を識別できる波長の領域のことで、この光があるおかげで塗料の色などを楽しむことができるわけです。

またもう1つの赤外線(近赤外線領域にある赤外線)は、あらゆる物質に吸収されやすい波長領域なのだそうです。

吸収された光エネルギーは熱へと変換されるということで、太陽光エネルギーなどは、この近赤外線領域にある赤外線を吸収して熱利用に役立てているのではないかと考えています。

少しむずかしいメカニズムの話になりましたが、遮熱塗料を理解していただくために解説させていただきました。

今後の参考にされてください。

Comments are closed.