屋根防水の種類は、高度化・多機能化。いくつもの工法がある。

【屋根・屋上の特性に応じて防水工法も防水材の種類も多彩】

みなさんが屋根のトラブルでいちばん多く経験しているのが雨漏りではないでしょうか。

屋根の防水というのはそれだけ大切なものといえます。

しかも屋根防水は雨漏りを防ぐだけではなく、腐食、劣化、隙間風の浸入、断熱機能・省エネなど、耐用年数を伸ばす多くの事柄に直結してきます。

あまり気に留めたことはないと思いますが、防水工法もかなり進化していて、たとえばアスファルト防水、ウレタン防水、ゴムシート防水など、防水工事を行う住宅の屋根の種類や形、ビルの屋上の状態などによって、選択される防水方法や防水材は異なってきます。

工法名を「アスファルトシート防水トーチ工法」といいますが、これは住宅やビルの陸屋根に適用される工法で、ゆるい勾配の屋根に向いています。

使用する防水材はポリエステルの繊維をアスファルト材で挟んだ材料で、防水工事専用のトーチバーナーという道具を使って行います。

バーナーでシート裏面を溶かして貼り付けていく方法です。

防水シートと防水シートのつなぎ目間も加熱融着し、わずかな隙間も生じないように水密性の高い防水層をつくっていきます。

アスファルト材の特徴は、耐久性が高く適度な厚みと柔軟性(軟らかさ)があること。

気温の変化に強く、耐蝕性・耐候性にもすぐれています。

住宅の屋根はもちろんですが、ビルの屋上はとくに寒暖の差が激しいだけに、こうした材料の選別には細心の注意が払われます。

工法名を「塩化ビニル系シート防水」という防水工事は、陸屋根・勾配屋根に適用される工法で、使用する防水材は塩化ビニル系のシートです。

病院や工場の内廊下、農家の作業場に通じる廊下などによく使われています。

この防水材の特徴は美観にすぐれ掃除がしやすいこと。

明るく美しいイメージを醸し出せるので、つねに人の目に触れるところに施工するのが効果的です。

ビルの屋上庭園や住宅屋上の家庭菜園など、人の集まるところ、リラクゼーションの場所にも、防水と美観を兼ねた特徴が生かされます。

工法名を「FRP防水」といいます。

適応される屋根は陸屋根ですが、どちらかというと3階建て住宅の屋上など、一般住宅に適しています。

極細のガラス繊維をポリエステル糸の樹脂液を使って貼付していきます。

この防水層の特徴は下地と完全に密着していない半密着の状態であることで、下地から独立した防水膜を形成できることで、水はけが良く、防水性にもすぐれているという相対的特性を発揮することができます。

また耐摩耗性にすぐれているため長持ちします。

厚みがり重たいものを運ぶにも耐久性を発揮し足にかかる負荷を軽減させます。

芝生や花壇、4m前後の中木であれば植樹も可能です。

住宅の屋上にミニ庭園をつくることができます。

この他、ゴルフ場や野球場のコミュニティスペース、市営・県営住宅などの屋根に適したハイグレード仕様のシングル葺屋根方法、排水溝の掃除やメンテナンスを軽減させる板金屋根カバー工法、腐食がひどく錆がまわってしまった屋根や瓦棒屋根の防水に適した超速硬化ウレタン防水システム工法などがあります。

Comments are closed.