屋根の雨漏り、よくある原因は老朽化がトップ。

【屋根の雨漏りが原因で、住まいの老朽化が加速】

家族団らんの場なのに室内の天井から理由もわからず落ちてくる雨水というのは、これほど嫌なものはありません。

この雨水の原因はどこにあるのでしょうか。

雨水の侵入口としては、大きく分けて「屋根」、「外壁」、「ベランダ」、それに「サッシ」などの開口部です。

柱や梁、壁などを目視でかまいませんので、一度じっくりと確かめてみてください。

そのどこかにひび割れや亀裂が入っていたり、塗膜表面の剥がれがあったりすると、そこから雨水が浸入し、雨漏りを起こしながら腐食を進捗させている場合があります。

放置しておくと完全に腐ってしまい、家の強度を保てなくなります。

またいくら耐震補強を施した住宅でも、“地震に対して強さを発揮できない住まい”ということになってしまいます。

ほとんどの人が、雨漏りがはじまるまでは屋根に対して無関心でいるために、雨漏り発生時にはすでにかなりの腐食が進行していると考えられます。

雨漏り修理方法には下地処理を行う塗装工事などさまざまな方法がありますが、経験のない素人の方が屋根雨漏りの修理を行うのは非常に危険です。

まず雨漏りを発見したらその場所にマーキングをして、プロの屋根リフォーム業者に、雨漏りの原因を突き止めてもらいましょう。

【老朽化が原因の雨漏り】

雨漏りの原因でもっとも多いのは「建物の老朽化」です。

だいたい新築してから10年~15年の住宅になると雨漏りを起こす確率が高くなってきます。

たとえば新築してから2年から3年など、それほど経年していないのに雨漏りが起こることもあります。

こうした場合は、住まいの開口部(窓・換気口・ベランダ出入り口など)に、本来施工されていなければならない防水処理がきちんと行われていないケースが疑われます。

築年数の経った住宅では雨漏りの経路など原因を探るのが困難ではありますが、老朽化以外にもあるいくつかの代表的な原因をご紹介しておきます。

【瓦のズレが原因の雨漏り】

瓦屋根には瓦の下に「野地板」というのがあって、それが下地の役割を果たしています。

通常はその上に防水シートを張り、「瓦棒」という材を打って瓦止めにしています。

ところが長年の風雪や揺れの積み重ねで、この瓦がズレてしまうことがあります。

瓦は雨水を雨樋などに流す役割がありますが、瓦がズレて防水シートがよれてしまうと、野地板にも雨水が染み込んで雨漏りを起こしてしまいます。

【雨樋の詰まりが原因の雨漏り】

雨樋に落ち葉やゴミ・砂ぼこりなどが溜まっていて、それを除去しないまま放置しておくと「詰まり現象」が起きたり、鳥の巣の格好の場所となってしまいます。

そうなると雨水が流れなくなり、溢れたり水が腐った状態になって雨漏りが起きます。

やがては逆流して瓦の隙間にも浸入し下地の腐食を進行させます。

【レンガのズレが原因の雨漏り】

レンガのズレは、棟瓦を繋ぎ止めている棟土と呼ばれる部位が、経年劣化によって粘度力を失うことで発生します。

雨漏りを起こすだけではなく、レンガの落下にもつながり、たいへんに危険な状態です。

【その他の屋根材でも起こる雨漏り】

この他にも金属屋根やスレート屋根、コンクリート系の屋根でも雨漏りは発生します。

主な原因はひび割れや剥奪、接合部分(シーリング剤)の劣化です。

1日も早く補修などの手当てを施すことが雨漏りの事前防止、劣化防止につながります。

Comments are closed.